相続(主に遺産整理)・遺言に関する出張訪問相談を無料でいたします。

出張訪問型行政書士事務所の紹介・代表行政書士プロフィール

出張訪問型行政書士事務所

 

遠方で事務所まで行くことができずお困りでないですか。

お体がつらくご自宅まで訪問してくれる専門家をお探しでないですか。

相続遺言専門のたまき行政書士事務所なら、ご自宅まで出張訪問して

相続遺言に関する無料のご相談をお受けすることができます。

相続手続きは、財産をすべて開示することが必要なものであり、身近な方に頼みにくい性質があります。また、戸籍の収集や財産(預貯金等の金融資産や不動産の評価)など専門性が特に高いものとなりますので、調べるのに時間やストレスがかかります。

当事務所では、守秘義務を厳格に守る国家資格を持つ行政書士が責任をもってこれらの調査を行うことで、残されたご遺族のサポートをいたします。

また、当事務所の特徴としては、出張訪問スタイルを採っておりフットワークのよい一番身近な法律家としてお客様により沿って最後までサポートいたします。

報酬と費用(実費)は、明確にしておりますので、詳しくは報酬費用をご参照ください。

不明確な追加報酬等は一切いただいておりません。

相続手続きにかかる料金は、

およそ銀行・信託銀行の報酬の約3分の1以下、

地方銀行の2分の1以下となっております。

費用の中で一番かかる戸籍の費用については、

法定相続情報一覧図の写しという法務局で出している書面を

できる限り使い過剰な戸籍取得をなくすようにしておりますので、

最小限の戸籍の費用で済むようにしております

当事務所は、ご相談ご依頼いただくお客様の身内であるかのように、

寄り添って深く時間をかけてご相談に応じることをモットーとしております。

そのため、1日に相談させていただくお客様は最大でも2人程度としております。

お困りのことを安心してゆっくりご相談ください。

行政書士プロフィール

小学校、中学校、高校、予備校、大学院時代の他、仕事でも北海道で過ごしました。また、東京で大学生活を送り、直近まで東京で勤務しておりましたが、開業するに当たり、北海道の方々のお役に立ちたいと思い、北海道札幌市で開業することといたしました。
開業前までは、東京都渋谷の大手行政書士法人で相続・遺言専門行政書士として毎月10件前後の相続手続きを担当しておりました。東京周辺の案件は、土地が高額のため、相続税のかかる案件や、法定相続人の一人が海外にいる方の事案、さらに、いわゆる兄弟相続事案等高度な案件も多く担当していたため、難しい案件も対応できます。

《略歴》
・北見北斗高等学校卒業
・早稲田大学教育学部英語英文学科卒業
・北海学園大学法務研究科卒業(夜間の部)
・民間企業にて、営業、販売、テレマーケティング、取締役を経験
・大手相続遺言専門行政書士法人にて勤務
・札幌にて開業 現在に至る 現在40歳

《資格》
・行政書士 登録番号 第16082324
・宅地建物取引士

《趣味》
・道内旅行、育児、テニス

お知らせ

料金・費用について

料金について、若干改定いたしました。 より分かりやすい料金体系にするために、遠方の方の交通費のご負担を廃止しました。 全道域行政書士の移動にかかる交通費は無料となります。

ブログをスタートしました。

お客様にお役に立てる情報を日々投稿いたしたいと思います。

ホームページ開設しました。

ホームページ開設しました。 よろしくお願いいたします。

ブログ

代償分割とは?

遺産分割協議の際、分けにくい財産が多いので分けにくい場合が あります。代表例として人が住んでいる家は分けにくいといえます。 しかし、一定の割合を分けることを 主張する相続人がいた場合に、いつまでも分割協議が 成立しなくて …

遺留分とは?

こんにちは。 今回は遺留分という言葉について説明します。 主にこの言葉が出るのは遺言を書く場合と、遺言を 書いた方が特定の方に偏って財産を相続させること を指定したときに登場することばです。 遺留分とは、一定の相続人に対 …

行政書士の仕事の特徴

行政書士の仕事は大きく分けると主に二つあります。 1、官公署への各種許可申請などの行政手続き書類の作成や提出 2、相続や遺言、離婚に関する協議書作成、契約書作成など民事書類の作成 です。 多くの場合得意分野が事務所によっ …

債務の帰属も遺産分割協議書で自由に指定できるかについて

今回は、遺産分割協議書の記載の際に債務をだれが負うのか指定できる のかについて考えてみます。 前提として、遺産分割協議書の役割について検討すると、 さまざまな役割がありますが、 ①相続人間で合意したことを書面にしてあとで …

遺言書通りではなく相談して分割協議ができるか?

今回は、実務では結構問題となりうる点について説明します。 タイトルのように遺言書は出てきたけれど、相続人間で相談した ところ遺言通りではなく、相続人間の合意で決めた方が良いとされる ことがあります。 例えば、夫が亡くなり …

PAGETOP
Copyright © たまき行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.