相続(主に遺産整理)・遺言に関する出張訪問相談を無料でいたします。

料金及び費用について

  • HOME »
  • 料金及び費用について

料金について

料金は、初回無料出張訪問相談後、お客様のご希望によりご依頼となった場合にかかる報酬費用の総額を提示しております。
相続手続きは、調査に取り掛かってからご遺族が知らなかった財産が出てきたりすることもありますが、その時においても、追加報酬をいただくことはにありません。

手続きの範囲が限定された場合には、これより料金が下がることがありますが、上がることはありません。

料金の比較としては、銀行・信託銀行が行っている相続手続き(=遺産整理業務)

の約3分の1以下となっております。

(1)相続手続き一式(業務範囲・内容については、相続手続きをご参照ください)


①相続財産3000万円まで  20万円(税別)


②相続財産3000万円を超える場合で相続財産5000万円まで 相続財産の0.7%

  (例:相続財産5000万円の場合 35万円)


③相続財産5000万円を超える場合で相続財産8000万円まで 

               35万円+5000万円を超えた部分の相続財産額の0.6%

  (例:相続財産8000万円の場合、35万円+18万円=53万円)

④相続財産8000万円を超える場合 53万円+8000万円を超えた部分の相続財産の0.5%

  (例:相続財産1億円の場合 53万円+10万円=63万円)

※上記報酬額は、銀行及び信託銀行で取り扱っている額の約3分の1以下となっております。

北海道にお住まいの方の約8割以上の方が①と②の料金の範囲内で収まります。

上記報酬額に加え実費代(戸籍料金、郵送代等5000円~2万円程度)がかかります。

登記手続きは司法書士へ、税務申告は税理士にお繋ぎいたします。その際の各士業への報酬額は別途となりますが、ご依頼の際には、各士業の報酬目安等十分なご説明をいたします。

着手金は、報酬額の2分の1以下の金額を、1週間以内に振り込みもしくは現金でいただいております。

(例:料金が20万円の場合10万円が着手金となります)

着手金以外の終了金と実費は相続手続き完了後振込若しくは現金にてお支払いいただいております。

(2)遺言作成(公正証書遺言原案作成)

公正証書遺言作成トータルサポート 12万円 (証人2人出張立ち合い付)

公正証書遺言の作成の際には、証人が必ず2人必要となります。

当事務所では、担当の行政書士1名に加え、守秘義務を厳格に守れる

他の行政書士または事務員を上記報酬の範囲内で証人としてお付けいたします。

 

お客様にご負担いただく費用と当事務所負担の費用

1.お客様にご負担いただいている費用

お客様にご請求する実費としての費用は、

①戸籍等調査資料の取得にかかる代金(戸籍は全国一律・戸籍の附票は自治体によって異なります)、

②残高証明発行手数料代(銀行によって異なります)、

③戸籍の取得の郵送にかかる費用(銀行については遠方の銀行等で郵送をする場合にはその郵送代)、主にレターパック360とレターパック510を使います。

2.当事務所で負担する費用(お客様に請求をしない費用について)

コピー及びファイル代、お客様宅までの交通費、高速道路代、当事務所都合で郵送とさせていただくお客様宅への郵便費用代。宿泊を伴う出張となった場合の宿泊費。
※一般的な事務所の場合遠方に出張の際には、宿泊費や日当が発生しますが、当事務所ではそのような追加費用はいただいておりません。
行政書士や事務員の移動にかかる交通費についても道内全域について、一切いただいておりません。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 011-206-6397 受付平日9時-18時[日・祝日除く]

ごあいさつ

行政書士、田巻 裕康です。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © たまき行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.