こんにちは。

今日は印鑑登録証明書(通称:印鑑証明書)と印鑑登録証についてお話します。

住民票を移すと「印鑑登録はしますか?」と聞かれることがあります。

特に日常生活で、実印の登録をする必要性がすぐにはないので、

登録をしていない方も多いと思います。

しかし、相続手続きをするためには、手続き書類や、遺産分割協議書に

実印で押印するため(認印では不可です)、その実印が本当に

その方の実印かを証明するために、印鑑登録証明書の添付(たいていは3か月以内

発行のものを要求されます)。

印鑑登録証明書を発行してもらえるようにする

には住民票を発行している自治体で「印鑑登録をしたいのですけど」というと

即日印鑑登録ができ印鑑登録証(札幌市でいうとプラスチックのカード)が

発行され、その日に印鑑登録証明書(紙)も発行してくれます。

実印登録できる印鑑の形や文字は特に制限がありませんが、フルネームで

少々大きめの印鑑にするとより実印と他の印鑑を区別出来てよいでしょう。

印鑑登録証明書を請求するときは、印鑑登録証を持参すれば、代理人でも受け取れ

ます。委任状も必要ないですので、印鑑登録を済ませていない方は、すぐに

登録をしに行った方がよいでしょう。後で、取得したいときにすぐに印鑑登録証明書

が手に入ります。