今回は相続手続きの二大難関の一つである相続人の

確定の仕組みについて解説したいと思います。

もう一つの難関は、遺産分割協議と遺産分割協議書の作成ですが

これはまたどこかの機会で載せたいと思います。

普段はなるべくブログには、難しくしないように、

民法の条文を載せないようにしている

のですが今回は根拠となる条文を載せていきたいと思います。

相続手続きをするには、そもそも相続人が何人なのか確定

する必要があります。この理由は、相続人が一人でもかけていたら

遺産分割協議をしても無効となりますし、各種書類も無効となる

からです。

そのため、銀行や不動産登記の際にも戸籍にて相続人が

誰と誰で何人いるかを戸籍謄本などや法定相続情報証明制度を

利用して証明して相続届や遺産分割協議書を出します。

相続人の確定をするには、相続人となる優先順位を知る必要が

あります。

まず、亡くなるときに一緒の戸籍に入っていた配偶者は

「被相続人の配偶者は、常に相続人となる」(民法890条)

と規定があるため、無条件で相続人決定です。あえてネーミングすると

妻は“0番目の相続順位”です。

次に、1番目の順位は、被相続人の子供です。

根拠となる条文としては「被相続人の子は、相続人となる」

(民法887条1項)、さらに民法889条1項です。

この二つの条文を合わせて読むと、

直系尊属(親やその親などのこと)や被相続人の兄弟姉妹

よりも順位が高いことがわかるため、子は、0番目の妻に加え

1番目の相続人となります。

具体的な判断方法については、子が一人でもいれば、直系尊属

や被相続人の兄弟姉妹には相続権が行かず、

配偶者と子で相続人の範囲が確定です。

もっとも、被相続人に子が2人いてそのうちの一人が先に死亡

していた場合には、その死亡した子のさらに子供が相続権を持ちます。

これを代襲相続といいます(民法887条2項)。

子が相続権を持つ場合の代襲相続は理論上無限に下に下がります。

つまり、被相続人の子の子もさらに死亡していてさらに子がいた場合

(被相続人からみるとひ孫の関係)にも相続権が生じます。

次に、相続権の第二順位について検討すると、

民法889条1項柱書と、「被相続人の直系尊属。ただし、親等

の異なる者の間では、その近い者を先にする」とあるので、これを

解釈すると被相続人の直系尊属(父母または祖父母)であることが

わかります。

具体的には、被相続人の配偶者と被相続人の両親が生きていた場合

で、被相続人と妻に子がいない場合には、相続人は3人で確定です。

次に、第三順位の相続人は被相続人の兄弟姉妹です。

根拠となる条文としては、民法889条1項柱書と、民法889条1項

2号です。

この兄弟姉妹に相続権が発生する相続は超難関の相続といえます。

当事務所では追加料金はいただいておりませんが、通常戸籍の調査で約3倍の

手間と慎重さを要します。

なぜなら、被相続人に子がいないことの証明に加え、親やその親が確実に

亡くなっていることを証明する必要があること、さらに、兄弟が何人いるか

の確定と、その兄弟にすでに死亡している場合、その下の子が何人いるか、

いないのか確定する必要があるためです。

せっかく、戸籍が集め終わったと考えると銀行からあれが足りないこれが

足りないとしてきされることがほとんどです。

私たちのような相続の専門家であれば、そのように銀行が言ってくる理由も

わかりますが、一般の方で銀行の話してくる説明を理解することは

非常に難しいと思います。

上記の説明ではまだまだ足りないところがありますが、相続人の確定は

このように進んでいきます。

いわゆる兄弟相続が発生した場合には、専門家に頼んだ方がおすすめです。

本当に大変ですので。

参考までに、下記に今回登場した民法の条文を載せておきます。

このあたりの条文は、細かく難しいのでよく司法試験や行政書士試験で

ひっかけとして出てきます。

そのくらい、条文の読み込みというのは難しいです。

(子及びその代襲者等の相続権)
第887条 被相続人の子は、相続人となる。
《改正》平16法147
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
《改正》平16法147
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
第889条 次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二 被相続人の兄弟姉妹
《全改》平16法147
2 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。
《改正》平16法147
(配偶者の相続権)
第890条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。