こんにちは。行政書士の田巻です。

相続手続きは、行政書士、税理士、司法書士、弁護士が行っている

分野のためそれぞれの違いがわからず、どこに頼めばよいかわから

ないかたも多いでしょう。そのため、前回は弁護士と行政書士の違いでした。

今回は税理士と行政書士の違いを考えてみましょう。あくまで相続に

限定した話です。

税理士法人で相続手続きを行っている事務所も札幌ではとても多いです。

行政書士事務所も相続手続きを行っています。司法書士事務所も相続手続き

を行っております。

こうみるといかにも士業通し競合しているようにも見えます。

しかし、正確には競合をそれほどしていないのです。

税理士法人で相続手続に力を入れている事務所の場合は、

税理士法人に行政書士の方が少なくとも一人はいることがほとんどです。

行政書士試験に合格した行政書士のことももちろんありますが、多いのが、

税理士の資格をすでに持っていて、行政書士の登録をしており、税理士と行政書士

二つの地位を持っているという場合です。

税理士の試験はとても難しい試験ですので、法律で行政書士の資格も取得でき

るとされております。ただし、必ず行政書士登録が必要です。

行政書士登録には入会金や会費もかかりますので、それほど行政書士の資格を

使ってする仕事がない場合には行政書士登録はしないことが多いです。

遺産分割協議書作成は、税理士の資格だけではできず、

行政書士の資格によって作成できる書面ですので、

税理士法人が行う遺産分割協議書の作成は行政書士が行って

おります。

税理士資格のみで行政書士資格を持っていない税理士の方は、

相続を引き受けた場合に提携している行政書士の方

に遺産分割協議書を作成してもらい

相続手続きをしていくということになります。

したがって、特に税理士と行政書士の資格が

競合しているというわけでもないのです。

むしろ、協力関係があるというのが正確な表現化もしれません。

相続専門で行っているところは、入り口はどこであれ、

行政書士、税理士、司法書士いずれの士業の方とも連携が取れる体制

になっているはずですので、窓口をどの事務所にするか、相性のあう

事務所に依頼するとよいと思います。

ただし、紛争がすでに生じている場合には、弁護士に相談する

のがよいでしょう。