私の経験上遺産相続で問題となるケースは、

いわゆる兄弟相続のケース、前配偶者に子がいる場合にも

よく問題となります。

今回は、兄弟相続のケースについて話します。

兄弟相続とは、子がいないもしくは死亡している場合で、親もすでに死亡している

ケースで、亡くなった方の配偶者と兄弟もしくは兄弟のみが相続人となるケースです。

兄弟というのは、親と異なりなかなか話し合いがつかないものです。

兄弟間でも亡くなった方と親しくしていた方とそうでもない方がおり、

親しくしていた方は面倒を近くで見ていたなどの理由で多く遺産を分配

されるのが当然と思い、疎遠であった相続人は平等な取り分を主張すること

があるためいつまでも協議がまとまらないのです。

そこで、このような兄弟相続が発生するケースでは事前に遺言を作っておく

ことをお勧めします。

亡くなった方の兄弟が相続人の場合には、いわゆる遺留分を主張することができないため、遺言者の意思通り

に兄弟の相続分については、指定することができます。

遺留分とは、別の機会に説明する予定ですが、簡単にいうと遺言者が遺言を

残したとしても、相続人が主張できる遺産の最低限の取り分のことです。

亡くなった方に子がいなく、親も死亡しているようなケースでは、

配偶者や親しくしていた兄弟を守る上で遺言を残しておいた方が良いと思います。