相続(主に遺産整理)・遺言に関する出張訪問相談を無料でいたします。

遺言作成について

  • HOME »
  • 遺言作成について

1. 遺言作成の具体的な内容

(1)当事務所では、遺言作成者の現実的な意思の実現を確実にするため公正証書遺言の作成を推奨しております。
遺言には他に自筆証書遺言という方式もあります。
しかし、自筆証書遺言は、相続人が隠ぺいしたり、発見者が裁判所に検認をする手間があること、金融機関が内容によっては、不明確である等の主張により手続きの際に拒む場合があります。そこで、公正証書の原案を遺言者と行政書士が作り上げ、公証役場の再チェックを受けて完全な遺言作成をすることを当事務所では行っていきます。
公証役場へ遺言原案を出す際には、不動産の登記簿や役所で発行している評価証明等さまざまな添付資料があります。これら資料についても、当事務所が準備していきます。

(2)遺言作成の原本及び正本作りには、必ず証人を、遺言をする方以外に2人連れていく必要があります。他の事務所では、証人を別途1人につき数万円別途で請求することもございますが、当事務所は証人2人も同席することも報酬の範囲内に含まれておりますので、12万円(税別)の他には、実費が数千円程度かかるくらいで済みます。
遺言を残すお客様のお気持ちを行政書士が法的に通用する言葉に起こし、しっかりと財産処分について意思を実現化します。遺言執行者に、当事務所行政書士が就任することも可能です。※遺言執行者就任については、別途報酬がかかります。

 

2. 公正証書遺言作成の日程

(1)ご依頼~資料収集~原案提示
約1か月
(2)原案修正打ち合わせ、原案完成
約半月
(3)公証役場での原本・正本作成
約半月~1か月

☆ご依頼から公正証書遺言完成まで、計2か月程度かかります。

 

3. ご自宅訪問の回数・タイミング

1回目 初回無料訪問相談~ご依頼
2回目 遺言原案提示
3回目 修正後遺言原案提示
4回目 公証役場にてお待ち合わせ~公正証書遺言原本・正本作成で完了

お気軽にお問い合わせください TEL 011-206-6397 受付平日9時-18時[日・祝日除く]

ごあいさつ

行政書士、田巻 裕康です。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © たまき行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.